読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人、未来人、超能力者も入れるにいがた青年ユニオン。もちろん、あなたも入れます。

はんこ、私は三文判なら不要派ですが何か

「印鑑」はもはや必要ないのか 千葉市長ツイートに印鑑業者が大反発

再選を果たしたばかりの熊谷俊人千葉市長(35)が、「ハンコ行政」にツイッターで苦言を呈したところ、印鑑業者らの反発が相次ぎ、ネット上で論議になっている。 J-CASTニュース 6月1日

もともとは、窓口で「はんこがないから手続きできません」と市民を出直しさせる体質というところからスタートした議論のようだ。それがふくらんで、はんこ文化の議論に発展。はんこ業者とのツイート合戦になったらしい。

たしかに、役所の書類の決裁には、係長>課長>部長と決済欄が並び、通ればはんこが押されていくし、通らなければ差し戻し。窓口の書類のはんこなら、三文判でも何でもよいだとか、たしかに意味がわからない。署名で何がよくないのだろうか。

もちろん、ひとつとしておなじものができないはんこならば、ともかくだ。

いまは、免許証や保険証など、本人確認が行われる。実印でなくてはならないケースがあればともかく、三文判でもよいというのなら、はんこでなくてもよいのではなかろうか。

Copyright © 2008 にいがた青年ユニオン